ペンダント照明のインテリア活用術

NIS85_rightup20131225001_TP_V
自分のお部屋を今よりオシャレに見せたい方におすすめなのが「ペンダント照明」。
ペンダント照明はモダンや愛らしさを演出してくれる家具。率先してインテリアに取り入れる人が多いんです。
ペンダント照明とはどんな家具なのか簡単に説明しますね。
ペンダントライトとは天井からつりさげられる照明器具のこと。吊り下げる部分はチェーンやコードの場合が多いようです。
部屋の一部を明るく照らし出すことに秀でている照明です。
ペンダント照明と一言で言っても様々な種類があります。
部屋の一部を明るく照らすペンダント照明ですがどの程度の範囲を照らし出すかは電球の種類や光量によって変わってきます。
<白熱電球が照らし出す範囲>
180~240W:4.5~6畳
240~320W:6~8畳
320~400W:8~10畳
400~500W:10~12畳
500~600W:12~14畳
<電球形蛍光灯>
36~48W:4.5~6畳
48~64W:6~8畳
64~80W:8~10畳
80~100W:10~12畳
100~120W:12~14畳
<LED電球>
1600~2400ml:4.5畳
2000~2800ml:6畳
2500ml~3300ml:8畳
3000~3800ml:10畳
ペンダント照明はサイズも色々あります。サイズ選びのポイントは付ける場所によっても変わります。今回はダイニング用のペンダント照明の選び方をご紹介します。
<ダイニングテーブルのサイズを基準にして選ぶ>
ダイニングテーブルの幅に対して直径が3/1サイズが基準になります。
幅120~150cmのテーブルであれば直径40~50cmのペンダント照明を選びましょう。
またペンダント照明には大・小のサイズに分けられます。
MS251_crystallright_TP_V
<大きいペンダントライト>
★メリット
・光の広がり方が大きい
・デザイン性の高いシェードが豊富
★デメリット
・影が大きくなる
・全体に光が行き渡る分薄暗くなる
<小さいペンダントライト>
★メリット
・複数の設置ができて光量を調節しやすい
・カウンターやダイニングテーブルで雰囲気を演出するのに適している

ペンダント照明をインテリアに取り入れるときには一工夫加えるだけでより素敵な空間になります。
<小さいペンダント照明を数個吊るす>
シェードがあまり広がっていないペンダント照明を2~3個取り付けると光量は強くありません。可愛らしい見た目を演出するのにもピッタリです。直径10~20cmくらいのシェードを目安にすると良いと思います。
テーブルの上をキレイに照らしてくれるので料理を美味しくみせる効果もあります。
<個性的な形のペンダント照明を吊るす>
個性的で大きめのペンダント照明であればひとつだけでも存在感があり光量も十分です。
シェードが直径20cm以上であればダイニングテーブル全体を照らし出します。
大きめのペンダント照明では100W以上の電球を使用可能というものも多いです。
部屋全体を明るくしたいという方には大き目のペンダント照明をおすすめします。

ペンダント照明をつけるといつものお部屋がロマンチックな空間に生まれ変わります。
小さめ・大きめなど色々な種類があります。ぜひ自分好みのペンダント照明を探してみてくださいね。
デザイン・値段なども注目ポイントなので色々なインテリアショップを回り、たくさんのペンダント照明をチェックしてくださいね!

ペンダント照明を購入しよう